トライメイト進学舎

TEL(0749)62-2600


  • HOME
  • トライメイトとは
  • 高校部
  • 中学部
  • 小学部

高校部
  • 合格者の声

名古屋大学・医学部看護学科進学 M.M.さん

その他の合格大学 立命館大・薬 京都薬科大・薬

 高校3年間を通して、たくさん進路は変えたけど、最終的に一番最初にあこがれた大学に合格できました。

 今思い返すと、とてもしんどい3年間でした。でも、その3年間を何とか乗り越えられたのも、すべてトライメイトのおかげです。自分自身に甘く、意志の弱かった私は3年間で何度もへこたれた時がありました。そんなとき先生のところへ行って、話をしていると知らないうちにやる気が湧いてきて、「また頑張ろう」という気持ちになれました。この支えがなかったら、私は絶対に受験勉強を続けられませんでした。勉強面はもちろんのことですが、こういった精神的なサポートがあることがトライのいいところの1つだと思います。また、トライには最高の仲間がいました。一生懸命になっている友達を見ていると、自分自身が刺激されて"負けたくない"という気持ちが湧いてきます。そのことが自分にとって、プラスになっていたんだと思います。

 ずっと支えてくれていた先生や友達や家族に最高の報告ができて、本当に幸せです。トライに入って本当に良かったです。6年間ずっとありがとうございました。これからも、トライで頑張ってきたことを自信に頑張りたいです。

金沢大学・理工学部進学 M.U.さん

その他の合格大学 立命館大・生命科学

私は高1の一学期から三年間トライメイトにお世話になりました。本当に入ってよかった、と受験が終わった今、改めて思います。

 特に、中学校の頃から苦手意識のあった英語は、本当にわかりやすくとても緊張感のある授業のおかげで語彙力や記述力が鍛えられ、一番安定して点数の取れる科目になりました。

 三年の冬休み講習は噂通り本当に辛かったです。朝から夜まで一日塾にこもってひたすらセンター演習をし、空いた時間にその復習をするという日々でしたが、やっているうちに自分の苦手なところや覚えられていないところが次々と出てきて、とても効率よく勉強できました。この日々がなければ、合格できていなかったと思います。また、これだけ多くのセンター演習をしたことで、センター試験本番では「これだけやったんだから大丈夫だ」と自信を持って臨むことができ、実力を出し切ることができました。

 センター試験後の二次対策では、受験校別の少人数授業やテストゼミなど先生方の丁寧な指導で、それまで二次力が壊滅的だった私も、何とか二次試験に間に合わせることができました。

 合格できたのはトライメイトで一緒に頑張りぬいた友達と、丁寧に指導し、いつも相談に乗ってくださった先生方のおかげです。本当にありがとうございました。

金沢大学・理工学部進学 A.Y.くん

 トライメイトの授業の質が良いことは他の人のメッセージからもわかると思います。英語と数学に関しては、先生方のおっしゃることが全てです。本当に、先生方のおっしゃっていることを守れば、第一志望に必ずといってよいほど合格することができると思います。ただ、大学入試というのは、英語と数学だけではありません。僕は理系なので英語、数学、そして物理・化学が必須でした。トライメイトの先生からは、「ともかく物理・化学をやれ」と高2の時からしょっちゅう言われていたのに、物理・化学の勉強は最後の最後まで後回しにするという状態で、センター試験では当然、理科で点数が取れず、志望校も下げなければなりませんでした。その時、僕はトライメイトの先生方に申し訳ないと心から思いました。なぜなら、英語、数学、そして冬期講習でのセンター対策とできる限りのことを先生方にしていただいたのに、ただ自分の理科に対する努力が足りなかったばかりに、自分で自分の行きたい大学に行けなくしてしまったからです。英語、数学に対しても努力足らずでしたが、その最高の質のおかげで、センター、国立、私立・・・どの試験でもほぼ失敗なくという形で終わることができました。なのに・・・と、思わずにはいられません。上位大学を狙うなら、英数はそこそこできて当たり前で、物化の完成度が合否の決め手になります。いくら英語と数学を自分ができないと思っていたとしても、それはトライの先生方の力でどうにでもなります。また、先生方の言われた通りに努力すれば、第一志望の水準に達します。だけども、理科は自分の努力が全てです。しかも、努力すればするほど伸びます。僕はそのことに気がつくのが遅すぎました。だから、みなさんは後悔しないでください。ただ、トライメイトで努力して下さい。結果は大学入試でわかると思います。最後になりましたが、トライメイトの先生、事務の方々、本当にありがとうございました。

京都大学・文学部進学 H.H.くん

その他の合格大学 慶應義塾大・文 同志社大・経済

僕が第一志望を決め、受験勉強を始めたのは2年の終わりの春休み頃でした。部活もしていて勉強の習慣もあまりついていなかったので、始めた時は一年間受験勉強をやり続けられるか不安でした。しかし、自習室で頑張っている友達を見たり、トライメイトの先生方の熱心な指導を受けることで、励まされ無事に一年間やり続けることができました。また、僕は模試での判定で良い結果が出たことがありませんでした。そんな中でも見捨てることなく、教え続けてくれたトライメイトの先生方には、心から感謝しています。

 受験生活を終えて確かに言えることは、トライメイトがなければ、僕が第一志望に受かることはなかったということです。

 トライメイトには、本当に素晴らしい先生方がおられ、一緒に頑張れる友達も多くいて、最高の塾だと思います。トライメイトの先生方、本当にお世話になりました。

富山大・薬学部進学 D.T.くん

その他の合格大学 京都薬科大・薬 佛教大・保健医療技術 藤田保健衛生大・医療科-放射線

 僕は、高校入学後は、全くといっていいほど勉強しませんでした。まず、こんな僕を変えてくれたのは、トライの定期テスト対策でした。先生が作ってくださった予想問題を、間違いが何問以下になるまでやり続けるものでした。当然、僕はできないので、同じプリントを何度もして、10時になるまでやり続けました。このような経験により、勉強をこつこつやろうという気が出ました。しかし、自分なりに勉強をしても、思っていたように伸びない時期が1年以上続き、自分が志望校のレベルに全く及ばず、3年の夏休みになりました。自分の中で3年の夏休みは、本当に死ぬかと思うような時期でした。毎日頭痛との闘いで、勉強する気がなくなるが、しないと伸びないという気持ちが、自分を身体的にも精神的にも追い込み、一人で泣く時もありました。そんな時にいつも厳しい先生の励ましなど、本当に支えになりました。夏休みを乗り越えると、夏休み前のテストが返ってきて、前のテストより偏差値がすごく上がりました。「早く返してくれればこんなに悩むことはなかったのに・・・」と思いましたが、この経験のおかげで冬期講習などは、そこまで苦労することもなく、結果的に不合格を一度も見ることなく、僕の受験は終わりました。

 僕は今まで、目標だけは高く、甘い人間でした。受験を通して、目標を達成することがどれほど難しいことであるかを痛感し、時には自分を追い込み、目標に向かって努力する大切さを学びました。このようなことを気付かせてくれたのは、紛れもなくトライメイトの雰囲気、授業、また時には厳しく、時には親身になって相談を受けてくれるトライメイトの先生方のおかげです。トライメイトで勉強ができ、本当に良かったです。

 今までありがとうございました。

滋賀県立大学・人間看護学部進学 K.Y.さん

その他の合格大学 京都橘大・看護

私が合格できたのは、一緒に頑張ってきた友達、見守ってくれた家族、そして何よりトライメイトのおかげです。無事に大学受験を乗り切ることができて、今はほっとしています。本当にありがとうございました。

 私は2年の冬期講習からトライメイトに通い始めました。考えてみると、この時トライメイトに来て本当によかったなと感じます。トライメイトの授業は難しい上に、予習はあるし、問題量も半端ないし、学校や部活と両立させるのは大変でした。だけど、先生方が親身になって私の相談にのってくださり、本気で指導してくださったので、頑張ろうと思えました。私は英語が苦手だったのですが、先生のわかりやすい説明と英単語のプリントのおかげで、だんだん理解できるようになりました。模試の結果が悪くて落ち込んだときも、先生が励まし勇気づけてくださったので、諦めずに勉強に取り組むことができました。特に、センター試験直前の冬期講習では、毎日大量に問題をこなしたので、自信がつきました。センター本番に落ち着いて臨むことができたのも、この冬期講習のおかげです。センター試験でしっかり点がとれたことが、合格につながりました。これまで私を支えてくださった先生、お互い刺激しあった仲間に感謝します。

 これから受験に挑む後輩のみなさん、トライメイトの先生方を信じて、予習・復習をくり返すことが合格への一番の近道です。最後まで目標に向かって頑張ってください!!

青山学院大学・法学部進学 E.T.さん

その他の合格大学 青山学院女子短大・教養

私にとってこの3年間の受験生活は、一言で言うと、とても苦しく辛いものでした。でも、そんな状況の下でも最後まで諦めずに頑張ることが出来たのは、トライの先生方、お世話になった学校の先生方、家族、そしてクラスメイト、友達のおかげです。今までありがとうございました。沢山の方々に応援してもらい、整った環境で勉学に励むことができ、また無事に第一志望の大学にも合格することができ、トライメイトに入って良かったなと改めて感じています。

振り返ってみると、高校に入学した頃は授業のペースに付いていくのがやっとで、定期テストでは常に100番以下…。150番台を取ったこともありました。「このままではやばい」と思い、トライメイトのテスト対策を試しに受けてみました。同級生たちが真剣に机に向かい、かなりの集中でプリントをこなしている姿は、想像を超えたものでした。そして、その姿に刺激をもらい、綿密な対策をして受けたテストでは、なんと50番台を取ることができ、初めて勉強を楽しく感じた瞬間でした。その後の通常授業でも、長期休暇の講習でも、緊張感のある授業が行われ、怠けやすい自分にとって授業で得る刺激はなくてはならないものでした。

 トライメイトでの学習の中で1番実力をつけられたのは、冬休みのセンター演習でした。正直演習を受ける前は、私立専願の私がセンター対策を受ける意味があるのかという気持ちが少しありましたが、何度も何度もセンターの問題を解いていく内に英語、国語、日本史、全ての教科において、自分の実力が上がってきていることを実感しました。あの演習のおかげで合格することが出来たと言っても過言ではありません。

 最後に、私は後輩たちに2つのことを伝えたいと思います。1つは、「早く志望校を見つけること。」です。やはり、何が何でも行きたいと思えるような大学が1つでもあると、日頃の勉強も捗るし、落ち込むことがあっても、立ち直りやすいです。将来したい仕事から逆算したり、実際に大学を見学したりして、いますぐにでも通いたい大学を見つけてください。もう1つは、「最後まで諦めないこと。」です。私は高1からずっと、青山学院大を志望していましたが、模試でC判定以上をとったことがありませんでした。最後の模試でも判定は思わしくなく、学校の先生からは「全て落ちするかもしれない。」とまで言われてしまい、志望校を下げた方がいいのかと悩んだ時期もありました。でも、トライメイトの先生や友達、家族に背中を押してもらい、志望校を変えずに挑んだ結果、第一志望の大学の合格通知を得ることが出来ました。受験は本当に何が起こるか分かりません。ずっとA判定を取り続けていた人が涙を呑んだり、E判定しか取ったことがなかった人が桜を咲かせたりすることが頻繁に起きます。だからこそ、油断をしてはいけないし、諦めてもいけません。最後まで自分を信じて挑み続けてください。

トライメイトに入るまでの私は、自分の意思で机に長時間向かうことがあまりありませんでした。目標があっても何から始めればいいのか分からず、あたふたしたまま無駄な時間を過ごしてしまっていました。もし以前の私と同じような状況の人が居れば、1度トライメイトの授業を受けてみてください。きっと「自分も頑張らなあかん!」という意識が芽生えてくると思います。

名古屋大学・情報文化学部進学 Y.S.くん

立命館大・理工 関西学院大・理工

  トライメイトは僕たちの心を動かす塾だと思います。そして僕たちの心を強くする塾だと思います。

  僕は高校生になって、初めは英語だけを受講しました。そして、その授業の密さに、また先生の熱意に驚きました。先生の熱意と厳しさと愛情が、僕らにビリビリと伝わってきます。僕はその濃密な授業に感動しながら、毎回参加していました。

  また、出来ると思っていた数学が実は全く出来ない事を知ったのは3年生の夏休み前でした。数学をその夏休みから受講して、問題の解法に衝撃を受けました。数学はこうやって解くものなのかっ。もっと早く受講すれば良かったとだいぶ思いました。

  僕はセンター試験に失敗して、狙っていた推薦入試に落ちてしまいました。でも、すぐに気持ちを切り替えて、二次で絶対受かってやる! と思えたのも、冬期講習を全力でぶつかっていたことが1つにあると思います。腹をくくる度胸と勇気を、この講座を通じて持つことができた。それに、二次試験本番で、冷静でいることができました。

  入試直前期も、最後までねばり強く仲間と共に闘ったのもこのトライメイトでしたし、その時も、僕を勉強面でも精神面でも支えてくれたのは、トライの先生方でした。自分が受かったことを知ったことの喜びはすごかったし、その直後に、一緒に名大目指した5人が全員受かっていた事を知ったときも、とてもうれしかった。

  これだけ一所懸命に勉強した実感がなければ、合格したときの、この喜びはあり得なかったでしょう。そして、家族、友達、学校の先生方、トライメイトの先生方の強い支えを感じていなければ、これだけ一生懸命に勉強することはきっとできなかったでしょう。

  多くの人と喜びを分かち合うことが出来たことをうれしく思うし、誇りに思います。トライメイトで学んだことは決して勉強だけじゃなかった。  自分を信じてがんばり続けることの意義を教えてくれたのは、トライメイトでした。

  本当に、本当の気持ちは言葉では言い表せないほど大きなものなのですが、本当にありがとうございました。

金沢大学・人間社会学部進学

その他の合格大学 金沢大・人間社会 京都外国語大・外国語

今、三年間を振り返ってみると、後悔することが多い。一、二年生の時は、友達と「勉強とかできんよなー」とか言い合って、完全に安心しきっていました。まあ、よく聞く話ですが、本当に勉強しとけばよかったです。それでも国立大学に合格できたのは、三年間前田先生に教わった英語だけは比較的真面目に勉強できていたからだと思います。それに加え、一番の苦手だった国語を三年になってから平井先生に教わり、刺激を受けたのもあります。現代文が少し楽しくなりました。二次試験では、英語の自由作文が白紙、現代文の最後の記述問題も書けず・・・という状態で帰ってきてしまいました。せっかくトライで素晴らしい授業を受けさせてもらい、いろんな人にお守りをもらったり、応援してもらっていたのに・・・と、周りの人に申し訳なかったです。結果は受かっていましたが、合否に関わらず、自分の納得のいく勉強は本当に大切だと思いました。

 最後に、応援し、支えてくださったトライのみなさん、友達、家族には本当に感謝しています。ありがとうございました。

京都大学・農学部進学

その他の合格大学 立命館大・薬 同志社大・理工

 振り返ってみると僕にとってこの9ヶ月間は本当に長く感じました。部活が自分の中心にあったので、勉強は定期テスト前にだけ集中するようにしていました。そのため、6月にトライメイトに入った時には、周囲の虎高の人たちと比べ知識がかなり少なく、やるべきことが山の様にありました。京大を目指そうと決心したのは2学期になってからです。それまでは自分のモチベーションを高めるために第一志望にしていましたが、先生方と相談し、本気で目指そうと決心することができました。

 しかし、授業についていくのが大変で、OP模試や実践模試ではD判定が続いたので、自信を持てないようになっていきました。それでも先生方に励ましていただいたおかげで、最後まで頑張ることができました。

 12月からはとにかくセンター試験対策に集中したので、さらに基礎を固めることができ、その基礎力を2次試験にも生かすことができました。正直なところ、最後の最後まで不安しかありませんでしたが、逆に開き直って、緊張せず、自分の力を出し切ることができました。

最後に、今の自分があるのは多くの支えがあったからであり、今まで自分を支えていただいた方々には心から感謝しています。このトライメイトは本当にいいところでした。感謝しています。

滋賀医科大学・医学部進学 S.I.さん

その他の合格大学 同志社大・理工学部 立命館大・生命科学

「トライメイトの授業はすごく良いらしい。」と高1の5月ごろ母から聞き、トライメイトに入りました。私はもともと塾嫌いで中学も塾に行かず、トライに入る前に通っていたところも2週間でやめてしまっていました。入る時も「いやだったら辞めていい。」と言われていたので本当に軽い気持ちでした。しかし受験を終えた今、トライで3年間勉強することができ、本当に良かったです。あの授業がなければ今の私の英語と数学の成績はなかったと思います。

 授業が分かりやすく、学校の授業の内容でも質問をしたら先生方が丁寧に教えて下さり、常に疑問を理解に変えられたことは大きな力になりました。そして、一人一人の悩みを本当に親身になって下さり、適切な進路を見抜いてくださることも塾嫌いの私が行ってよかったと思う大きな理由です。センター前、どれだけ演習を積んでも成績が上がらず精神的にボロボロだった私に、「それだけ他の人よりやってきたから、きっと本番はできる。」と言って下さり、少し気持ちが楽になったことを覚えています。 私が今こうして第1志望の大学に通えるのは、身守ってくれた家族、共に勉強してきた友達、そしてトライメイトの先生方のおかげです。本当にありがとうございました。

滋賀大学・経済学部進学 A.H.くん

その他の合格大学 龍谷大・経済 南山大・経済

僕は中学校を含めると5年間トライメイトにお世話になりました。高校入学当時の僕の成績はひどいもので(だいたい180番くらい)、定期テスト対策でもいつも最後までプリントが終わらず先生に背中を叩かれてばかりいました。しかし、こんな僕でも国立合格を果たせました。ひとえにトライメイトの熱心で中身の濃い授業のおかげです。

学校の授業と違って90分もあり辛いところはありましたが、要点が絞られ効率的に学習でき、問題を考える根底の考え方を学ぶことができる魅力的な授業でした。特に冬休みのセンター対策で朝から晩までセンターの問題を解き続けるのは本当に音を上げそうになりましたが本当に大きな力をつけることができました。

先生方は授業以外にも、質問などで話を聞いてくださり、何度も教えてもらったり鼓舞してもらったりしました。忙しいときにも出来るだけ話を聞こうとしてくれたことは本当にありがたかったです。

また塾にいる先生は勿論ですが、サテライト授業でお世話になった先生にも感謝しています。僕が世界史に興味を持ち、勉強に打ち込めたのもこの授業のおかげです。

そして、自習室もやる気をだすのに最適な環境でした。僕は二年の夏休み頃から自習室を利用していて、友達が一生懸命机に向かう姿を見て何度も、あいつに負けるもんか、と自分を奮い立たせることができました。このトライメイトでは単に勉強のことだけでなく、世の中の厳しさや厳しさの先にある達成感、克己心といったこれからの人生に直結するもっと大事なものを学ばせてもらった気がします。トライメイトの先生方には本当に感謝しています。今までありがとうございました。

同志社大学・政策学部進学 K.T.くん

僕は中学からトライメイトに通い始めました。1・2年の頃は部活のほうを優先していたので、勉学のほうは二の次でした。ですがトライに入っていたおかげでテストでは満足のいく点数をとることは簡単でした。部活を終えてからは、勉強のほうになかなか切り替えられずに苦しみましたが、先生方の言葉でやる気が徐々に上がっていき、模試の成績も驚くほど上がっていきました。センター前の冬期講習は本当に大変でしたが、それがあったからこそ今の自分があると思います。

 僕は3年生の11月後半に理系から文系に移りました。無謀だと思いましたが、塾の先生の言葉を信じて、ひたすら文系科目を勉強し、同志社大に合格できました。もし理系クラスにいる人で、文系だったなと思っている人は、そう思った時期が遅くても必死にやれば合格できます。あきらめない心が大事です。

 最後になりましたが、トライの先生方には本当に感謝しています。お体に気をつけて後輩たちの夢の手伝いをよろしくお願いします。

岡山大学・教育学部進学 S.N.さん

私が第一志望の大学に合格できたのは、トライの先生方、家族、学校の先生、友だちなど私を支え、サポートしてくださったみなさんのおかげだと思っています。本当にありがとうございました。

トライの先生方は受験のプロです。今思えば、受験に対する意識など、ほとんど無かった一年生の頃からかなり鍛えられていたんだなぁと思います。普段の授業の内容が濃いのはもちろん、テスト対策が過酷でした。一つの教室でみんなが黙々とたくさんのプリントをこなします。本当にしんどい時間でしたが、そこには逃げ出すにも逃げ出せない雰囲気がありました。みんなが頑張っているのに、私もやるっきゃない!そんな気持ちになれるのがトライの良いところだと思います。

私は三年間こつこつ勉強してきた、と言える自信はないですが、トライがペースメーカーとなり、テスト期間には必死で勉強しているうちに自然と力がついていたように思います。

また三年生の冬期講習は精神的に苦しいものでした。思うように取れない点数、見えてくる自分の欠点、残された時間の少なさ…焦りと不安と悔しさで家へ帰る車の中、何度も泣きました。それでも頑張れた理由には、一緒に頑張っている友だちがいたこと、私たちのために一生懸命になってくださる先生方がいたこと、励ましてくれる家族がいたことがあると思います。そして、この苦しかった冬を乗り越えたおかげでセンターの時には、自分を信じ、最大限の力を出し切ることができました。

最後に、受験生はどうしてもマイナス思考になりがちだと思います。でもそれでは苦しいですよね。辛い時こそ前向きに!大学生になった自分を想像して頑張ってみてください。後はトライを信じ、ついていけば大丈夫です。

福井大学・工学部進学 E.K.さん

トライメイトには1,2年生で夏期講習生、3年生からは塾生としてお世話になりました。受験勉強は2年生の後半ぐらいから意識して取り組んでいましたが、その勉強方法はだいぶまずかったです。その時はだいぶレベルが高い大学を目指していて、自分の実力に合っていない問題集ばかりに手をだしていました。当然基礎ができていないので赤ペンだらけだし、その問題集に取り組んでいるという変な満足感を得るだけで、模試でも得点できていませんでした。その状態で3年生からは塾生として通常授業が加わり、学校・塾・問題集のどれもがおろそかになってしまいました。その浮ついた状態を9月に塾の先生に指摘され、それからは塾と学校の勉強を確実にしていくことにしました。

冬期講習期間中は11~14時間毎日勉強をし、不安要素があるものの得意教科は順調に点が伸びていき、ある程度の自信をもってセンター試験に臨みました。でも終わってみると自分が目標としている得点に届いていなくて、悔しい思いをしました。

それからの二次対策の約1ヶ月間が3年間のなかで最高の勉強ができたと思います。センターのようなことにはなりたくないと思い、塾での数学の講義・テスト、化学のテストの復習を徹底的に、赤本10年分を2周し、自分の弱点を徹底的に潰していきました。

この受験生活で何回も壁にぶつかりました。そんな時には塾の先生方、親、友達の存在をとても大きく感じました。辛い、苦しい思いをした分だけ、結果は必ずついてきます。なにより自分が成長できました。手厚いサポート、そして中身の濃い授業を提供してくださったトライメイトにはほんとうに感謝しています。